自分でするAGA治療の注意点

AGA治療を自己流で始めたいという人に読んでもらいたい注意点をまとめてみました。

© 自分でするAGA治療の注意点 All rights reserved.

分け目の薄毛具合をルーペで確認される

AGAを投薬で治すメリットとは一体何か?

AGAの治療法は大きく「投薬」「投薬以外」の2種類に分けられることをご説明しましたが、どちらを選ぶべきなのか迷ってしまいます。

投薬による治療のメリットとは何なのでしょうか。

投薬のメリットは臨床実験で実証されている効果の高さ

投薬による治療で主に処方される飲み薬の「プロペシア」と塗り薬の「ミノキシジル」は臨床実験においてその効果が実証されています。

60~80%の人が薄毛改善の効果を実感しておりこの20%の差は投薬期間の違いです。1年目では58%、2年目で68%というように、長く服用すればその分効果がしっかり出やすくなっている薬なのです。

髪の毛が増えるという効果の実感はなくても、AGAの進行を食い止めているという実感においてはなんと98%という臨床結果が得られており、クリニックによる投薬治療を選べばほぼ間違いなく一定の効果を期待できると言えるでしょう。

医師の判断で治療できるので不安が少なく安心

ジェネリック医薬品や育毛剤を使用し自分自身でAGA治療を行うことも可能です。コストが抑えられるというメリットからAGA初期の場合はこれらの方法を選ぶ人も多いのですが、効果を実感できるかどうかは個人差があります。

別の医療機関で薬を飲んでいるという人や、育毛剤を使っているのにAGAが進んでいくという人の中には、医師の判断がないまま手探りで治療するということに不安を感じるようになる人が多くいます。

その点、費用は掛かるもののクリニックにかかって投薬治療をすると、医師の診察を受けながら確実に自分に合った薬を使って治療に専念できます。

薬の場合副作用がある可能性があるので、そのリスクについても医師にしっかり相談できる状況なのかそうでないのかは気持ちの面で大きな差があるようです。

関連記事

コメントは利用できません。
おでこの生え際をマッサージしてもらう男性

AGAを投薬で治すデメリットは一体何か?

AGA治療において投薬よりも効果が期待できるものはおそらくありません。効果だけで考えるならば投薬治療をオススメするのですが、なかなか投薬まで…

ページ上部へ戻る