自分でするAGA治療の注意点

AGA治療を自己流で始めたいという人に読んでもらいたい注意点をまとめてみました。

© 自分でするAGA治療の注意点 All rights reserved.

AGAを投薬治療する場合に気を付けるべきこととは

現在投薬によってほぼ100%の人が改善・進行防止を実感できるようになったAGA治療ですが、人間の身体に行う医療行為ですのでリスクがゼロということはありません。

治療を行う上での注意点とはいったいどんなものがあるのでしょうか。

薄毛が進行してしまっている男性

AGA治療は健康保険が適用できない自由診療

AGA治療は自由診療といい、健康保険が適用されない医療行為です。診察代から医薬品代まで全て自己負担となりますので費用の相場を調べてからクリニックを選ぶようにしましょう。

月に1~3万円が平均的な治療費とされていますが、AGA治療は短期間で終了するものではなく、まず効果を実感するまでに早い人でも3ヵ月、平均的には6カ月程度はかかると言われています。

効果を実感し始めた時点で安心して治療を止めてしまう人がいるのですが、それは間違い。さらにそこから効果を維持しようと思うと治療を中断してはいけません。

AGA治療に使われる主な薬であるプロペシアとミノキシジルは継続して使用することで効果の維持ができるのです。中断してしまうと薄毛に逆戻りということも十分にあり得ます。

薬の副作用と自己判断での薬の使用には気を付けて!

投薬での治療でどうしても避けられない問題が副作用についてです。AGA治療の副作用としては肝機能障害、勃起不全といった性欲減退が挙げられます。

肝機能障害はかなり心配なところです。

準拠→銀座HSクリニック/公式 AGA治療・薄毛治療のクリニック http://hsclinic.jp/

もともと肝臓が弱い人には投薬による治療はどうしてもお勧めできません。性欲減退については価値観の問題だと思います。髪が増えることと性欲が減退することを天秤にかけて髪が増えることを取るという場合は構いませんが、夫婦で妊活中などの場合はそちらに影響が出ることも考えられますので、時期を考える必要があるでしょう。

分け目の薄毛具合をルーペで確認される

AGAを投薬で治すメリットとは一体何か?

AGAの治療法は大きく「投薬」「投薬以外」の2種類に分けられることをご説明しましたが、どちらを選ぶべきなのか迷ってしまいます。 投薬に…

おでこの生え際をマッサージしてもらう男性

AGAを投薬で治すデメリットは一体何か?

AGA治療において投薬よりも効果が期待できるものはおそらくありません。効果だけで考えるならば投薬治療をオススメするのですが、なかなか投薬まで…

ページ上部へ戻る